不思議な日々☺

ありそうでありえない事書いてます。


おもしろ日記ランキング

娘失踪!?

昨日の夜

 

1才の娘は嫁とともに

 

21時くらいに就寝したが

 

22時すぎから泣き出し

 

暴れていたので

 

嫁が疲れていたこともあり

 

私が抱っこをしたり

 

牛乳をあげたりしながら

 

再び就寝

 

今度は私の布団で一緒に

 

やはり

 

横に子供が寝てると

 

気を使うので

 

なかなか寝つけず

 

寝るのが遅くなってしまったせいか

 

その後は熟睡

 

ふと朝の4時頃目が覚めると

 

横にいるはずの娘がいない・・・

 

嫁の布団にもいない

 

寝室を探すがどこにもいない

 

アパートのどこかにいるとは思ったが

 

さすがにちょっと焦る

 

しかし

 

嫁を起こすのも勇気がいる

 

静寂の寝室に

 

花粉症の嫁のイビキが響き渡る・・・

 

誘拐?それとも

 

急に鍵を開けられるようになり

 

1人で外へ・・

 

はたまた

 

おなかが減って

 

ティッシュやゴミを食べてるのではないか

 

オモチャを食べて喉につまらせてるのでは・・

 

転んで頭を打って気絶してるのでは・・

 

この世の中

 

何が起きても不思議ではない

 

色々な思いをめぐらせ

 

一度

 

イビキの度が過ぎる嫁の鼻を

 

くいっと

 

起きない程度の絶妙な力加減でつまみ

 

万が一があるのではと

 

ドキドキしながら

 

キッチンへ・・・

f:id:get0065:20190418104604j:image

行方不明者発見・・・

 

思わず

 

なぜか

 

‘’おい、じじぃ!‘’

 

と声を発してしまいました

毛布をはがさないで。

レタスの苗を植えて1週間

 

この畑は実家から少し離れた

 

標高が低く

 

比較的気温が高い地域で

 

実家周辺はまだ寒く雪も残っているので

f:id:get0065:20190415194109j:image

ちなみに4月11日の大雪の様子

 

春先専用の畑である

f:id:get0065:20190415192916j:image

よく見ると薄く白い紙のような物が

 

かけてあるが

 

これは人間でいうと寝る時にかける毛布

 

こんな薄い紙で意味あるのか?

 

と思う方もいるかもしれないが

 

かけるとかけないで成長スピードが

 

全く異なり、霜などの寒さ対策にもなる

 

無事に立派なレタスになる事を願い

 

私もしっかり毛布をかけて寝ていますが

 

最近の悩みは

 

夜中に1歳の娘と5歳の息子の

 

ダブルのおねしょ攻撃

 

どちらも紙おむつをはいているのに

 

パジャマも布団もびちょぬれ

 

だいたい気付くのは私であるが

 

眠さがMAXなので

 

見て見ぬふりを試みるが

 

圧倒的にかわいそうなので

 

着替えさせ

 

洗濯機をまわす

 

そして

 

自分は眠いのに子供のために

 

なんて良いお父さんだと

 

勝手に酔いしれ

 

再び眠るが

 

 

眠さに勝てずなかなか起きれないので

 

嫁に毛布をはがされ

 

生まれたての小鹿のように動き出す

 

そして

 

猛獣のような娘と息子に襲われる毎日

 

その点

 

レタスはしばらく‘’毛布‘’ははがされないので

 

幸せである

農作業と5歳の孫悟空

本日

 

今年初の畑での仕事

f:id:get0065:20190407204241j:image

このレタスの苗を畑に植える作業

 

この苗は

 

ビニールハウスで種をまき

 

ある程度の大きさになるまで

 

育て

 

畑に植える

 

これがその作業風景

f:id:get0065:20190407204555j:image

ちなみに畑は専用の小型のトラクターにて

 

画像のようにうねが立てられ

 

色は様々あるがマルチと呼ばれる

 

ナイロンで全体が覆われている

 

保温、保湿、雑草対策、病害対策など

 

マルチを張る作業は大変だが

 

メリットは大きい

 

これから

 

徐々に本格的に始まるが

 

明日も同じ作業をするが

 

今日と明日で

 

植えるレタスの数は

 

3万5千個くらい

 

しかし

 

仕事始めは毎年

 

体中が痛くなる

 

特に膝と腰

 

なので

 

5歳の息子に腰のマッサージを頼んだら

 

最近

 

ドラゴンボールにはまってるせいか

 

うつぶせでマッサージ待ちの私の腰に

 

‘’きんとーうんやぁーい‘’と

 

言いながら

 

飛び乗ってきたので

 

私がスーパーサイヤ人になり

 

息子をこらしめてやりました

たこ焼きの踊り食い?

先日の夕食後

 

5歳の息子と近くのスーパーに

 

買い物に出掛け

 

必要な物を買いそろえ

 

レジに向かおうとすると

 

息子が

 

スーパーの入口付近にある

 

屋台の「焼きたて屋」のたい焼きが

 

食べたいと言ってきたが

 

時間は19時半

 

スーパーに入る時

 

焼きたて屋のスタッフは

 

片付けの作業を行っていた姿を

 

目にしたので

 

息子に

 

夕食を食べた後だし

 

お店自体も閉まってると思うよと

 

伝えたが‘’食べたい‘’の一点張り

 

じゃあ、お店のお姉さんに聞いてきなと

 

向かわせたら

 

なんと

 

たい焼きはなかったけど

 

たこ焼きなら1人前あるっていうから

 

買い行くって言ってきた

 

 

私の思惑通りにはならず

 

たこ焼きを買う事に

 

ただ

 

6個入りを買ったけど

 

最後だからと

 

残った4個もサービスでつけてくれ10個に


f:id:get0065:20190331005427j:image

いつもは家に帰ってから食べるのに

 

その日は

 

どうしてもすぐ食べたいというので

 

こぼさないで慎重に食べる事を約束し

 

車の助手席にて

 

しかし

 

ふたを開けしばらくたこ焼きを見つめ

 

‘’おえっ、気持ち悪い!やっぱりいらない・・‘’

 

 

すかさず

 

‘’おなかいっぱいなら無理して食べたいとか言っちゃだめだろ!‘’

 

と怒るが

 

‘’ちげーよ!腹は減ってるけどこのたこ焼きはまだ生きてて、うにょうにょ動いてるから気持ち悪くて食えないんだよ!‘’

 

 

しかも

 

父ちゃん怖い・怖いよと

 

怯えだし

 

はっ?何を言ってるんだと思い

 

たこ焼きを見てみると

 

上にのっているかつおぶしが

 

ゆらゆらと動いている

 

これを見てたこ焼きが生きてると

 

思ったらしい

 

ちなみに

 

なぜかつおぶしが動くかというと

 

熱い物からでる

 

ゆげが原因らしい

 

その事を説明すると

 

‘’じゃあ、このたこ焼きはもう死んでるんだね!‘’

 

 

‘’まあ、生きてはないけど死んでるとも言わないにけど・・難しい事はいいからとりあえず食いな!‘’

 

 

3個食べて

 

後は母ちゃんにあげるらしい

 

ダイエット中なのに

 

嫁も何の躊躇もなく

 

たこ焼きを完食したので

 

‘’タコの食いすぎで顔がフグみたいだぞ‘’

 

 

ちょっとした冗談を言ったつもりが

 

‘’うるさい!そういう事言わないで‘’

 

とマジ切れ

 

後悔しながら

 

布団に入り

 

息子と

 

たこ焼きの上で

 

ゆらゆら揺れるかつおぶしごっこをしました

 

ちなみに

 

焼きたて屋のたこ焼きは絶品ですが

 

たい焼きの中にたこ焼きが入っている

 

たいたこもおいしいので

 

知らないかたは一度食べてみて下さい

息子と認知症のおばあちゃん

冬の期間だけ

 

実家では

 

母親が中心に

 

旅館を営んでいる

 

私は

 

両親とは別に暮らしているが

 

土日だけ

 

5歳の息子を預けて

 

仕事に行く

 

実家には私の祖母(父方)もいるが

 

数年前より

 

認知症と診断され

 

年々症状が悪化している

 

よく最後は赤ちゃんにかえるというが

 

5歳の息子と本気になって口げんかをし

 

息子が泣かされていると

 

私の母親が困った様子で話してくる

 

実際

 

その場面を目撃した

 

夕方

 

ご飯を食べに実家に戻ると

 

キッチンで息子が食事

 

母親は

 

お客さんの夕飯準備

 

皿に飾り付けのイチゴを1粒ずつ

 

盛り付けるが

 

そこへ祖母が登場

 

話しながら無意識に

 

皿に並べたイチゴを端から

 

食べていく

 

母親が

 

‘’ちょっと並べたイチゴを食べないでよ‘’

 

と注意する

 

しかし

 

認知症なので

 

‘’おらが並べたイチゴを食うわけないだろ‘’

 

‘’食ったとしたらゆうま(息子)だろ!‘’

 

 

普通ではありえない展開

 

そしたら息子も

 

‘’おれが食うわけないだろ!今、おおばあば食ってたじゃん!人のせいにするなよ!‘’

 

 

すると祖母も

 

‘’人のせいにしてるのはお前のほうだ、ちゃんと謝りなさい‘’

 

 

息子もすかさず

 

‘’おれじゃねえし、ふざけんなよ!もうあっち行って!‘’

 

 

私の母親も

 

‘’今食べたのおばあちゃんでしょ!ゆうまのせいにしないでよ!‘’

 

 

そしたら祖母が

 

‘’そうやってみんなでおらを悪者にしていじめるんだな!‘’

 

と言い残し自分の部屋に帰っていった

 

これが認知症の現実であり

 

祖母は真剣に

 

数秒前に自分で食べたイチゴの事を

 

覚えていない

 

5歳の息子には

 

一切悪い事はしてないけど

 

物事を覚えられない病気があって

 

おおばあばもそういう病気なんだと

 

説明したが

 

なかなか理解はできないようだ

 

私は元介護士なので

 

免疫はあるが

 

毎日

 

祖母の相手をしている母親は

 

かなりまいっているようで

 

よく愚痴ってくる

 

介護士の意見としては

 

家族が認知症になったら

 

できるだけ

 

デイサービスやショートステイ

 

を利用する事

 

理想は

 

特別養護老人ホームグループホーム

 

に入居する事

 

正直

 

仮に自分の親だとしても

 

24時間介護するのは

 

精神的にも限界があり

 

介護している親を殺してしまうニュースを

 

よく目にするが

 

気持ちがわかりとても切なくなる

 

施設に入れたら負い目を感じるかもしれないが

 

介護はプロにまかせ

 

落ち着いた精神状態で親と接したほうが

 

お互いに幸せである

 

私の祖母も

 

もう少し状態が進んだら

 

考えなくてはならない

 

介護は積極的にサービスを利用しよう

 

ちなみに

 

私の息子は祖母に慣れたのか

 

祖母が理不尽な事を言い出したら

 

‘’こりゃ、まただめなやつか‘’

 

と言って

 

すぐ逃げていくようになった

ダブルにお得!?

夕方

 

近くのスーパーに

 

5歳の息子と買い物に行き

 

頼まれた

 

牛乳・豆腐・きのこ・パンを

 

かごに入れ

 

息子がお菓子をほしいとの事なので

 

1つだけと約束し選ばせた

 

普通

 

子供は

 

グミとかチョコとかを選ぶのかな?

 

うちの子は

 

満面の笑みで

 

持ってきたのがこれ

f:id:get0065:20190326224414j:image

‘’今日はこれが食いたい気分なんだな‘’と

 

まあ

 

我が国

 

日本では

 

基本的人権のひとつ

 

自由に物事を考え

 

自由に行動できる

 

自由権があるので

 

息子の自由を尊重しつつ

 

レジに清算に行くが

 

以前にそのスーパーにはなかった

 

支払い方法の

 

今流行りの‘’paypay‘’が

 

なんとなく

 

私が

 

冬働いてる

 

お土産屋にpaypayが導入されたので

 

私も登録してあり

 

すぐ使える状態だったので

 

paypayにて支払い

 

キャンペーン中なのか

 

よくわからないが


f:id:get0065:20190326222312j:image

106円相当をゲット

 

さらに

 

paypay内での支払い方法が

 

クレジットカードなので

 

別にポイントもつく

 

今までは買い物は

 

クレジットカードで払っていたが

 

これからは

 

利用可能な店ならば

 

paypay経由のほうが

 

paypayでのポイントもたまるので

 

ダブルでお得である

 

ちなみに

 

使い方は

 

アプリをインストールし

 

支払い方法を選び

 

クレジットカードなら登録し

 

あとは

 

レジにて

 

アプリを起動し

 

支払うボタンを押し

 

カメラでスキャンボタンを押したら

 

店員からQRコードを提示されるので

 

カメラで読み取り

 

自分で

 

請求された金額を打ち込み

 

店員さんに確認してもらい

 

支払うボタンを押すと

 

‘’paypay‘’

 

と勝手にしゃべるので

 

それで完了です

 

ちなみに

 

‘’paypay‘’

 

 

しゃべるのはスマホであり

 

店員さんじゃないからね

 

まだ

 

使った事ない方は

 

お得なので試してみてください

恐竜に始まり恐竜に終わる

先日の

 

春分の日

 

仕事でお休みをもらい

 

保育園が休みの5歳の息子と2人で

 

お出掛けになる事に

 

せっかくの1日の休みなので

 

少し遠出しようと思い

 

事前に行き先を調べ

 

ビックな恐竜の模型が魅力的な

 

群馬県立自然史博物館に行く事に

 

ちなみに私は長野県民

 

当日出掛けようと思い準備をしていると

 

私の父親から電話があり

 

ちょっと手伝ってほしい事があるから

 

実家に来てくれと

 

少し遠回りになるが寄ってく事に

 

しかし

 

あと10分で到着と言うところで

 

やっぱり1人でできたから来なくていいぞ

 

との電話が・・・

 

まあ、春分の日という

 

おめでたい日だから

 

おおめにみてあげよう

 

そして、近くのコンビニに寄り

 

おやつを買って

 

車に戻ると

 

少し元気のない息子から

 

お悩み人生相談が

 

‘’実はおれね・・・えーとね・・・‘’

 

‘’どうした?保育園でなんかあったのか?‘’

 

‘’ちげーちげー、保育園じゃねえんだけど・・‘’

 

‘’実はおれさ・・‘’

 

はりつめる空気

 

流れる雲

 

どんな事でも受け止めよう春分の日だから

 

そしてついに

 

真相が明らかに

 

神妙な面持ちで

 

‘’実はおれさ、今日round1のスポッチャ行きてぇんだけど・・・‘’

 

なるほど

 

そうきたか

 

ちなみに何度も遊びに行っている場所であり

 

住んでるアパートから車で5分で着く

 

しかし

 

父ちゃんには

 

この日のために色々調べた結果が

 

博物館であり

 

ビックな恐竜が待っている

 

行けば絶対楽しめる自信があったので

 

博物館の魅力をアピール

 

しかし

 

息子にはもうround1以外の選択肢がなく

 

頑なに拒否

 

そして流れる雲をみつめ

 

私はついに決断した

 

‘’round1に行くか‘’

 

息子満面の笑顔

 

そして来た道を折り返し

 

3時間スポッチャで遊び

 

最後に

 

UFOキャッチャーで遊ぶ事に

 

これがまた私にとって試練である

 

5歳の息子には

 

キャッチする技術も能力もなく

 

明らかにとれないとわかっているのに

 

後ろでみてなければならない

 

結局

 

父ちゃんがとってやるよと

 

代わりに挑戦するがとれない

 

結局

 

二千円を使ってなんとかとれたのがこれ


f:id:get0065:20190324084418j:image

二千円のビックカツ

 

そう思うと

 

いつもよりさらにビックに見えてきた

 

帰りの車中

 

博物館の

 

ビックな恐竜に会えなかった思いを込め

 

この高級なビックカツを

 

恐竜のように食べようと

 

息子にご提案

 

快く承諾し

 

ガオォー!ガオォー!

 

 

激しくビックカツを食いちぎりながら

 

私も息子も満足しアパートに到着

 

しかしそこには

 

1歳の娘恐竜があばれている

 

まさに‘’恐ろしい竜‘’のごとく

 

ゴミ箱をあさり、おもちゃを散乱させ

 

‘’まんま!まんま!‘’と

 

食料を要求してくる

 

こんな身近に恐竜がいた事を忘れていた

 

あまりに暴れまわるので

 

UFOキャッチャーでキャッチできなかった分

 

何度も何度も

 

キャッチしてやった

雨のち晴れ

もうすぐ雪もとけ

 

春から夏になる頃

 

最近よく耳にするゲリラ豪雨など

 

大気が不安定になり

 

雷が発生する機会が増える

 

子供に限らずだいたいの人間は

 

あの大音量の音と稲光に恐怖を感じ

 

子供によっては泣く子もいるはず

 

私の息子も物心がつかない頃は

 

雷の音を聞くと不安そうな顔をしていた

 

それが3歳になる夏の初め

 

突然の雨とともに雷が発生

 

また怖がるかなと思ったが

 

すごいハイテンションで

 

大音量の雷が鳴るたびに

 

‘’でっかいおじさんが屁をこいたぁー‘’

 

とお祭り騒ぎ

 

我が子の成長を微笑ましく思い・・・

 

いや

 

これは成長しているのか・・

 

独創性のある発想はほめてあげたいが

 

テンションが上がりすぎて

 

‘’またまたでっかいおじさんが屁をこいたぁー‘’

 

と言いながら

 

勢いよく窓を開け

 

どしゃ降りの中

 

裸足でお出かけになった

 

びしょ濡れになりながら

 

外を走りまわっている

 

言うまでもなく

 

私から

 

その日

 

一番の雷が息子に落ち

 

号泣

 

どこをどう怒ったらいいのか

 

わからなかったので

 

‘’裸足はだめだ!くつをはけ!’‘

 

 

その後

 

指示通り

 

くつをはき

 

再び

 

豪雨の中を走り回ってる

 

すぐに風呂に入るからいいかと

 

思い

 

一緒にびしょ濡れになりながら

 

遊んでやる事に

 

しかし

 

ふと視線を家の窓に向けると

 

不機嫌そうな雷様が

 

今にも雷を落とそうとこちらを見つめている

 

いつの間にか

 

雷を落とす側から

 

落とされる側になっていた

 

嫁に丁寧に謝罪と言い訳を重ね

 

息子とお風呂に入り

 

息子から

 

次からは母ちゃんがいない時にやろう

 

とお誘いを受けるが

 

雷様に聞こえてたらしく

 

無駄にさらなる雷が私を襲った

 

息子との良い思い出である

クレーマー?

普段から

 

私は穏やかな性格であり

 

基本家族以外の人に

 

怒ったり

 

はむかったりしない

 

逆に言えば

 

自分の意見や主張ができず

 

多少

 

理不尽な事があっても

 

受け入れ

 

損をするタイプである

 

先日

 

私だけ仕事の都合上

 

市をまたいで住所が違うため

 

息子の保育園から書類の提出を求められ

 

その通知を持って

 

仕事で忙しい中

 

時間をつくり

 

私の住所がある市役所へ

 

どういう書類をお願いしたらいいか

 

わからなかったので

 

そこにいた職員に通知の用紙ごと渡すと

 

‘’これですね、少々お待ち下さい‘’

 

と完全におまかせし

 

作成してもらい代金を払い

 

翌日

 

保育園に提出した

 

それから1週間後

 

息子の住所がある市役所より

 

電話があり

 

提出された書類で不備があり

 

再度書類の提出をお願いされ

 

このままだと保育料が1番高くなりますと

 

しかし

 

職員に言われるがままに作成してもらった上に

 

仕事が忙しく時間がない事を伝えるが

 

‘’お気持ちはわかるが再度正規の物を提出してもらえない限り私どもではどうする事もできません‘’

 

と・・・

 

確かにそうでありそこは納得し

 

しょうがなく

 

なんとか時間を作り

 

片道20㎞ある市役所へ

 

その時は

 

ミスは誰でもあるから

 

しょうがないかぐらいの気持ちでいたが

 

窓口には前回対応してくれた女性はいなく

 

若い男性職員

 

事情を説明し

 

謝罪を受け

 

正規の書類を作成してもらう

 

ただ最後に

 

代金を請求されたので

 

数百円ではあるが

 

前回

 

間違って出された書類の時に払っているので

 

その事を言うと

 

若い男性職員は

 

‘’そりゃそうですよね‘’

 

‘’ちょっと上司に確認してきます‘’

 

 

そこで上司のおじさん登場

 

かなり威圧的に

 

‘’返金してほしいなら前回渡した書類持ってこない限りできないよ‘’

 

 

‘’えっ?私がそちらが間違って作成した書類を息子の住所がある市役所まで取りに行くということですか?‘’

 

と聞くと

 

‘’当たり前でしょ!普通のお店だって商品持ってこない限り返金なんてしないでしょ!ちょっと考えればわかるでしょ!‘’

 

と・・・

 

これで普段穏やかな私ですが

 

スイッチが入ってしまい

 

一から事の経緯を説明

 

私は通知を見せただけで

 

書類の指定もしていないし

 

その時いた職員の方が

 

1~10まで書類作成してくれたが

 

それが不備があり

 

また今日来ていると

 

なので少額でもまたお金を払うのが

 

どうなのかなと思ったからと・・

 

ここまで言えば

 

制度上どうしようもなくてと謝罪してくれれば

 

気持ちも落ち着いたが

 

まさかの

 

‘’本当にうちの職員がそんな対応したのぉ!?‘’

 

‘’私だったらそんな事しないけどねぇ‘’

 

とふてぶてしい態度

 

さらに頭に血がのぼり

 

‘’なんならそちらのミスで仕事休んだ上に、再度ここに来るまでのガソリン代だってかかってるんですが‘’

 

って言ったら

 

さすがに少しは伝わったのか

 

‘’本当にうちの職員が?じゃあそれはそれで検証して、まずかった事があれば話し合います

それで返金してほしければ前回渡した書類持ってくれば返してあげるから‘’

 

 

‘’いやいや、何度も言うけどそちらのミスに対してお金を払ったのにまた払うのが納得できないんですが‘’

 

‘’だからそれはそれで検証して話し合います、

返金に関しては書類もってきてくれれば返金するっていってるでしょ!わからないかなぁ?‘’

 

 

えっ?何この人?話が通じない

 

と頭の中で考え始めるが

 

上司の横で申し訳なさそうにこっちを

 

見つめる若い男性職員の姿を見た

 

瞬間

 

我に返り

 

このまま話しの通じない人に怒っても

 

意味がないと思い

 

押してだめなら引いてみろ感覚で

 

むしろ逆にこっちが

 

通知の内容を理解せず

 

職員にまかせちゃった事を謝り

 

上司がどんな反応をするか見てみたが

 

‘’いやいや、それが本当なら検証しますから‘’

 

と若干穏やかに

 

しょうがないので

 

おそらく私の気持ちを

 

痛い程理解してくれたであろう

 

汗だくの若い男性職員にお金を払い

 

再度取り乱した事を謝り

 

去ろうとした瞬間

 

上司が

 

笑顔で

 

‘書類持ってきたら返金してあげるから‘’

 

 

思わず

 

苦手な英語で

 

‘’シャァラァップ‘’

 

と言いそうになるが

 

ぐっとこらえ

 

あまりのストレスで

 

帰りの車中

 

3の倍数だけアホになってみました

火事場の馬鹿力の無駄使い

数年前

 

私の住む地域で

 

震度6弱の強い揺れが感じられる

 

地震があった

 

その時は

 

当時2歳の息子をまん中にし

 

ちょうど眠りに入った夜の10時すぎだった

 

今でも寝ぼけていたが鮮明に覚えている

 

急に地響きのような音をたて

 

ガサガサガサと地面からアパート全体が

 

強く揺れ始め

 

携帯が地震を知らせる

 

けたたましい音で鳴っている

 

私はすぐに目覚め

 

揺れの強さに恐怖を感じるとともに

 

息子を守らなければと

 

横で寝てるであろう方向を向いた瞬間

 

‘’あぶなーい‘’

 

‘’こわぁーい‘’

 

‘’キャー‘’

 

と悲鳴を上げ

 

嫁が布団からむくっと起き

 

‘’キャー‘’の悲鳴とともに

 

天井に向かってジャンプした

 

しかし

 

ただのジャンプではない

 

人間では考えられないくらい

 

天井すれすれまで跳び

 

あろうことか

 

まん中で寝ている

 

息子の布団の上にドスンと着地

 

あわてて

 

というより

 

怒りながら‘’何やってるんだよ‘’

 

と嫁をどかし

 

無事を確認するが

 

息子がいない

 

寝相が悪すぎて布団からはみ出し

 

部屋の隅で

 

丸くなって寝ていて無事であった

 

しかし

 

なぜジャンプしたのか

 

気になり聞いてみるが

 

無我夢中で覚えてないとの事

 

人間は緊急時など窮地にたたされると

 

リミッターがはずれ

 

信じられない能力を発揮するらしい

 

その結果が

 

天井に頭をぶつけるくらいの高さのジャンプ

 

そしてその代償が

 

右足ふくらはぎの肉離れ

 

本当に

 

何やってるんだよと言いたいが

 

運動面では見下してた嫁を

 

見直す良い機会になった

 

しかし

 

もっと有効的に

 

実用的に

 

滅多にでない

 

‘’火事場の馬鹿力‘’を

 

使ってほしい