不思議な日々☺

主に子供との日々を書いてます!


おもしろ日記ランキング

命がけのパプリカ

今も

 

子供たちに大人気の

 

米津玄師プロデュース

 

NHK〉2020応援ソング 

 

「パプリカ」

 

例にもれず

 

私の1才の娘と6才の息子の

 

子供たちも大好きであり

 

歌いながら踊っている

 

特に

 

1才の娘「はる」は

 

私がスマホを持っていると

 

すぐかけよってきて

 

‘’ぴーぱ!(パプリカ)ぴーぱ!(パプリカ)‘’

 

 

懇願してくる

 

ただ

 

そこで

 

迂闊にパプリカをながすと

 

娘のはるが

 

とても危険な目にあってしまう・・・

 

まずは

 

これを見てもらいたい

f:id:get0065:20190926205824j:image

これは娘のはる

 

何をしているかというと

 

結論からいうと

 

パプリカを踊っている・・・

 

正確にいうと

 

タイミングはわからないが

 

踊ってる途中で

 

テンションがMAXになると

 

ものすごい勢いで

 

ものすごい笑顔で

 

ものすごい助走をつけ

 

この形になる

 

一応

 

パプリカの踊りを知らない人に

 

言っておくが

 

こんな場面やしぐさも

 

一切ない

 

娘のはるの完全オリジナル・・

 

最初見た時は

 

ものすごいびっくりし

 

ものすごい意味がわからなく

 

ものすごい角度的に首が心配なるが

 

問題なく

 

踊っては

 

テンションMAXになると

 

勢いよく

 

この形

f:id:get0065:20190926212834j:image

の繰り返し・・・

 

しかし

 

そこには

 

さらなる危険が・・・

 

いつも娘の要望で

 

パプリカをながすが

 

歌も踊りもマスターしている

 

6才の息子「ゆうま」も

 

一緒に踊りにやってくる・・

 

6才とはいえ

 

まだ周囲を気にしながら踊る能力は

 

持ち合わせてないため

 

娘のはるが

 

あの形になっても

 

気にせずすごい勢いで踊るため

 

最悪

 

頭や手を踏んだり

 

ぶつかってバランスをくずし

 

あの形をはるの上にのったら

 

冗談ぬきで首が危ない・・

 

さらに

 

こんな危険がせまっているのに

 

嫁は

 

少し天然なとこがあり

 

頭の中が誰よりもパプリカなので

 

‘’はるちゃんもゆうまもすごいー‘’

 

 

一切心配していない・・

 

娘の首を守ってあげるのは

 

私しかいない

 

なので

 

パプリカをながす時は

 

細心の注意を払い

 

娘の首を守っている

 

しかし

 

最近は

 

ゆうまも

 

面白がって

 

妹はるのまねをし

 

はるも

 

兄ゆうまに対抗し

 

パプリカの曲をながすと

 

2人とも

 

ずっと

f:id:get0065:20190926214657j:image

この形で動かない・・・・

 

私は

 

威厳のある父親として

 

堂々と

 

美しく

 

きらびやかに

 

2人と

 

全く同じ姿勢をとってみた

 

その瞬間

 

私、娘、息子だけの

 

‘’パプリカ‘’が

 

完成した気がした・・・

 

・・・・・・

 

・・・・・

 

その光景を目にした嫁は

 

‘’ちょっと、頭大丈夫?疲れてるんじゃない?‘’

 

と・・・

 

パプリカよ

 

2020年より

 

私を応援してくれ。

夏の思い出

やっと

 

仕事の農業も

 

今シーズンの終わりが近づき

 

あと半月くらいで出荷も終わり

 

後片付けとなる

 

今年は

 

雨が多く

 

日照不足で

 

水はけの悪い場所では

 

生育不良

f:id:get0065:20190922203333j:image

同じ畑でも

 

水はけが良い場所ではちゃんと育つ

f:id:get0065:20190922203318j:image

ちなみに

 

両方とも同じ日に植えたレタスである

 

水が多すぎても育たないのである

 

雨、日照不足に加え

 

8月に入り急激な温度上昇により

 

レタスは腐り

 

レタスに限らず

 

野菜は出荷数が減少し

 

野菜価格は上昇した

 

私ら農家的には価格上昇は

 

嬉しい事だが

 

やはり

 

生育がうまくいかず

 

出荷数は減った

 

そんな感じのシーズンであったが

 

私の家では

 

女性の外国人実習生2名 

 

日本人のアルバイト1名を

 

雇っている

 

日本人のアルバイトは

 

47歳独身の山さん

 

山さんはとても

 

仕事ができ

 

社交的で

 

なくてはならない存在

 

ただ

 

まがった事が大嫌いである

 

外国人実習生はミャンマー人で

 

制度上

 

同じ人は雇えないので

 

毎年

 

違う人が来る。

 

今年の2人は

 

一生懸命まじめに働く

 

ミャーさん

 

 

朝まで酒を飲み

 

時間に遅れたり

 

あきらかに手を抜くのがわかる

 

問題児  シーさん

 

なので

 

曲がった事が大嫌いな山さんは

 

シーさんが大嫌いであり

 

たびたび

 

山さんが怒っているのを目にする

 

そして

 

事件は起きた!

 

レタスの出荷中

 

私は

 

2人から

 

ちょっと離れたところで作業していると

 

今まで聞いた事のない

 

大音量の

 

山さんの

 

‘’うおぁぁわあーーーー!!!!‘’

 

という

 

ただ事ならぬ

 

さけび声が・・・

 

私は異常な叫び声に

 

山さんが

 

シーさんに何かを注意して

 

逆ぎれされ

 

レタスを切るため持っていた包丁で

 

どこかを刺されたのでないかと

 

心拍数をあげながら

 

近くに行くと

 

どれだけ

 

発想が豊かな人でも

 

想像できないような事が

 

起きていた・・・

 

‘’だ、大丈夫ですか?‘’

 

‘’あいつありえねえ!くそが!‘’

 

山さんの顔が怒りに満ちている

 

何があったか聞くと

 

山さんが座ってレタスを切っていると

 

5メートル先に

 

カブトムシを発見!

 

とっさに

 

土日に実家に連れていき

 

山さんになついている

 

私の6才の息子 ゆうまが

 

カブトムシ好きだから

 

採ってあげようと

 

腰をあげると

 

後ろから

 

すごい勢いで

 

シーさんが

 

カブトムシに向かっていき

 

カブトムシの前に止まり

 

ニヤリと笑い

 

大きく足を振りかぶり

 

カブトムシを踏み潰した

 

との事・・・

 

意味がわからない行動だが

 

ミャンマーでは害虫なのか?

 

言葉が通じないので真意は

 

わからないが

 

山さんは

 

‘’ゆうまにあげたかったんだよ‘’

 

 

目に涙を浮かべてる

 

仕事以外な事なので

 

対処の仕方がわからない・・・

 

Yahooで

 

‘’カブトムシ 踏まれる 

 

おじさん 泣きそう 対処法‘’

 

 

検索したいが

 

そんな余裕もないから

 

とっさに

 

既にゆうまは4匹飼っているので・・

 

 

そっかぁ・・・

 

踏まれたカブトムシかわいそうだな・・

 

・・・・・・

 

・・・・・・

 

・・そうですね・・・

 

セミの鳴き声がやけに心にしみる

 

とても暑い夏だった。

お盆休み。

仕事の農業が忙しく

 

かれこれ

 

3ヶ月くらいは

 

休みをとってなく

 

子供をどこにも連れていけてないので

 

出荷が休みになる

 

お盆の14日に

 

休みをもらい

 

6才の子供と近くの屋外プールへ

 

行ってきた

 

最初は

 

流れるプールや滝

f:id:get0065:20190816204143j:image

幼児用滑り台などで

f:id:get0065:20190816204202j:image

遊んでいたが

 

身長がほぼ120㎝に達した事もあり

 

いや、微妙に達してないけど

 

大きなウォータースライダーに挑戦!

 

まずは

 

4㎝達してないので

 

係員に注意されないかが

 

第一関門!

 

何も言われることなく

 

突破!

 

そして

 

初めてのウォータースライダーに挑戦!

 

一緒には滑れないとの事で

 

私はゴール地点で

 

待機

 

息子1人で順番待ち

f:id:get0065:20190816205105j:image

そして

 

初めてのウォータースライダー!

f:id:get0065:20190816205429j:image

無事にゴール!

 

かなり楽しかったらしく

 

何度も階段を登り

 

ウォータースライダーを楽しんだ

 

そして

 

事件は起きた・・・

 

息子が3回目のウォータースライダーに

 

旅立った時

 

ゴール地点の

 

簡易的なプラスチックの

 

2人が座れるくらいのベンチが

 

空いたので座ると

 

すぐ横に

 

同じく子供待ちの

 

水着を着た若いママさんが座ってきた

 

一応

 

触れたりしたら気まずいので

 

ちょっとずつ移動し

 

かなりベンチの端に座り

 

可能な限り間隔を開けた

 

そして

 

息子の勇姿を

 

動画や写真で撮りたいが

 

スタート地点が見えないので

 

いつ来ても撮れるように

 

ベンチの端に座りながら

 

スマホを手に持ち集中していた

 

すると

 

先に

 

若いママさんのお子さんが

 

到着し

 

ママさん

 

スタンドアップ

 

その瞬間

 

簡易的なプラスチックのベンチは

 

重さが軽いので

 

極度に端に座っていた私は

 

ママさんが

 

スタンドアップしたおかげで

 

重さの均衡がくずれ

 

公園のシーソーのように

 

ママさんが

 

座っていた側のベンチが持ち上がり

 

私もベンチから

 

地面にスライダーする

 

 

覚悟を決めた

 

瞬間

 

日頃の農作業で勝手に

 

鍛えられた足腰が

 

威力を発揮し

 

転倒する直前で踏ん張り

 

ベンチは

 

‘’ガタンッ!!‘’

 

と大きな音をたて

 

着地した

 

大きな音がしたので

 

周囲の人々と

 

スタンドアップしたママさんの視線を

 

痛い程感じ

 

恥ずかしい気持ちでいっぱいだったが

 

日頃の農作業で勝手に

 

鍛えられた精神力で

 

足を組み

 

逆に

 

何かあったのですか?

 

みたいな

 

すっとんきょうな表情で

 

圧倒してやった

 

その後

 

かき氷を食べ

 

私の実家にお泊まりしたが

 

初めてのウォータースライダーは

 

かなり楽しかったらしく

 

息子は会う人全員に自慢していた

 

子供ができると

 

休みが休みでなくなるけど

 

子供の‘’楽しかった‘’

 

の一言で

 

幸せになれる

 

今度は

 

私もスライダーやってみるか

 

ウォーターのほうで・・・

アパートはいわくつき物件!?

※心臓の強い方は期待しないで下さい。

 

以前

 

ブログで書きましたが

 

子供が増え

 

部屋がせまくなったので

 

年内で今のアパートから引っ越す事を

 

予定していたところ

 

アパートの管理会社より

 

アパート事態

 

老朽化により取り壊すので

 

退去してくれとの事で

 

絶妙なタイミングで

 

引っ越す事が決定し

 

仕事の農業が落ち着く

 

秋に引っ越す予定でいる。。

 

今のアパートに住み始めて約10年

 

今思えば

 

最初の契約

 

普通ではなかった・・・

 

今から10年前

 

嫁と一緒に住むところを探して

 

ある不動産屋に

 

今のアパートを紹介され

 

中を見学し

 

ここに住もうか悩んでいると・・・

 

店員が

 

‘’即決なら通常家賃1ヶ月分の手数料を無料で、さらに1年以上住むことを条件に、最初の家賃から3ヶ月分無料にします‘’

 

と破格の条件が提示され

 

その時はラッキーぐらいの感じで

 

即決した。

 

入居後

 

同じアパートの他の部屋の人とも

 

仲良くなり

 

ある時

 

入居の際の事を何人かに聞いたが・・・

 

破格の条件は私の部屋だけであった

 

これは

 

以前に何かあったんじゃないかと

 

思い

 

大島てるの事故物件サイトにて検索・・・

 

しかし

 

私のアパートは何もなかった

 

ちなみに

 

知っている人は多いと思いますが

 

大島てるの事故物件のサイトとは

 

過去に

 

その物件で起こった

 

殺人や自殺等の事件・事故

 

が地域事に

 

詳細に載っている

 

自分の住まい、近所、地域で

 

過去に何があったか知れるので

 

興味のある方は

 

検索してみては

sp.oshimaland.co.jp

 

とりあえず

 

マイアパートでは

 

過去に何もなかったのだが

 

思い返せば

 

いわくつき物件ならではの

 

普通ではありえない

 

数々の出来事が・・・

 

まずは嫁

 

毎年

 

3月頃になると

 

花粉症に悩まされている

 

その影響で

 

睡眠時は

 

‘’ズゴォゴォゴォーー!‘’

 

 

近所で道路の舗装工事が始まったのか?

 

と勘違いするくらいの

 

いびきをかく

 

そして

 

おぞましい

 

身の毛もよだつ

 

事件は起きた

 

いつものように

 

‘’ズゴォゴォゴォーー!‘’

 

と勢いよくいびきをかいた

 

次の瞬間

 

突然嫁の悲鳴

 

‘’キャー!‘’

 

と叫び

 

その後

 

心臓発作でもおきたかのような

 

息づかい

 

‘’ふぁっ、はっ、はっ、はぁー‘’

 

 

突然の出来事に

 

横で携帯を見ていた私も

 

‘’どうした?大丈夫か!?‘’

 

と心配して声をかけると・・・

 

息も絶え絶えに

 

‘’今、何の音?、ものすごい音したけど?‘’

 

‘’どんな音?‘’

 

‘’なんかね、ズゴォゴォゴォーー!ってすごい音したけど!‘’

 

・・・・・・

 

私は躊躇することなく

 

惜しげもなく教えてあげた

 

‘’それはお前のいびき音‘’

 

 

‘’まっさかぁー‘’

 

と笑い

 

再び

 

舗装工事を再開した。。

 

これは

 

いわくつき物件のせいか・・・

 

次は息子

 

最近

 

1人で風呂に入れるようになり

 

その事件は起きた

 

その日は

 

やけに長く風呂に入っているなと思い

 

風呂の戸を開けると

 

そこには

 

自分の目を疑うような

 

悲惨な光景がとびこんできた

 

なんと

 

私の

 

開けたばかりの

 

ちょっと高級な育毛シャンプーを

 

余すことなく

 

湯船に全て混ぜ

 

‘’あわあわ風呂だよ!おもしろいよ‘’

 

と遊んでいる・・・

 

もちろん

 

ちょっと高級だったので

 

いつもより余計に

 

しかってやった。。

 

‘’育毛するためのシャンプーなのに

逆にストレスがたまって

抜け毛が増えるじゃねえかよ!‘’

 

とね・・・

 

これも

 

いわくつき物件のせい・・・か

 

次は娘

 

1才6ヶ月の娘

 

最近

 

色々と言葉も覚え始め

 

私を見て

 

‘’お父しゃん、お父しゃん‘’

 

と言えるようになった

 

そして

 

大事件は起きた

 

私が風呂から上がると

 

キッチンでご飯を作ってる嫁

 

クーラーのきいた部屋には

 

息子と娘の2人がそれぞれ

 

遊んでいる

 

すると

 

娘が

 

私がその部屋にいないのに

 

‘’お父しゃん、お父しゃん‘’

 

と言っている・・・

 

何か写真でも見つけたのかな

 

と思い

 

行ってみると

 

嫁がしまい忘れた

 

1万円札の

 

福沢の

 

諭吉さん

 

を指差し

 

‘’お父しゃん、お父しゃん‘’

 

と言っている・・・

 

まあ

 

1万円札の諭吉さんと間違われるのは

 

なんだか悪い気はしない

 

いや

 

ちょっとまてよ

 

そもそも似てないうえに

 

私も37歳になるが

 

諭吉さんは

 

まあまあ

 

お年を召されてる・・・

 

‘’そんな子に育てた覚えはありません‘’

 

 

言ってやったが

 

‘’にゅうにゅう!にゅうにゅう!‘’

 

 

牛乳を要求してくる事に

 

必死になっていた

 

これも

 

いわくつき物件のせい・・・

 

思い返せば

 

色々あったが

 

冷静に考えると

 

いわくつかれてない・・・・

 

いや、

 

本当は

 

いわくつこうとしているのだが

 

私たち家族が

 

あまりに

 

騒がしく

 

おかしいので

 

諦めたに違いない。。

最近のレタス農家の様子

毎日

 

仕事の農業が忙しく

 

毎朝3時すぎに起き

 

休日も最後にとった日の記憶がないくらい

 

休んでないので

 

そろそろ疲れがたまってきた頃だが

 

最近のレタス農家の様子を

 

勝手にご報告

 

6月から7月中旬くらいまでは

 

世間では

 

日照不足により

 

野菜の価格が高騰している

 

ニュースがよくながれていたが

 

それは

 

きゅうりやトマトであって

 

レタスは・・

 

なんと!

 

豊作により

 

需要と供給のバランスが崩れ

 

供給が上回り

 

廃棄する事に・・・

f:id:get0065:20190806205811j:image

仕組みは

 

私は農協に出荷しているが

 

その日の出荷予約数から

 

廃棄率が決まり

 

例えば

 

廃棄率4割なら

 

100ケース予約したら

 

40ケースは廃棄して下さい

 

と連絡がくる

 

ちなみに1ケースは約16個

 

なので

 

40ケースだと640個のレタスを

 

棄てるという事

 

ちなみに私の家では1日に300ケース

 

くらい出荷するので

 

廃棄の数は3倍の約2000個近く

 

毎日

 

廃棄していた。

 

そんな日々を過ごしていたら

 

雨が多く、日照不足

 

そして

 

7月中旬以降は

 

気温が上昇

 

レタスにとっては過酷な条件

 

雨と日照不足で

 

畑の水はけが悪い場所では

 

水分過多による

 

生育不良

f:id:get0065:20190807190653j:image

これ以上大きくならない

 

同じ畑でも水はけがよいと

f:id:get0065:20190807190812j:image

このように大きくなる

 

7月後半からの気温上昇で

 

レタスは腐り

 

出荷数激減

 

一気に価格は

 

廃棄していた頃の2~3倍

 

これは農家にとって喜ばしい事だか

 

やはり

 

私の家も

 

生育不良と腐りや病害で

 

出荷数は減少

 

その中でも

 

比較的状態が良いレタスを

 

そこそこ毎日出荷できているので

 

このままいけば良い年になる

 

ただ

 

心配なのは

 

価格が上がり過ぎる事!

 

短期的に見れば

 

収入が増えるのでよいが

 

長期的に見ると

 

価格が上がり過ぎると

 

輸入のレタスで対応されたり

 

加工業者などが価格上昇に耐えきれず

 

倒産し

 

取引先が減ったりで

 

ほぼ価格が上がり過ぎた年の

 

翌年は

 

年間を通して

 

価格が全くあがらない

 

ひどい年になる

 

まとめると

 

農業はギャンブルですね。。

 

とりあえず

 

この暑さと無休の毎日で

 

疲れきっているが

 

今年はさらに

 

6才の息子と1才の娘のおかげで

 

睡眠不足も加わった・・・

 

とにかく

 

暑いせいか

 

寝相が悪い

 

夜中に娘も息子も

 

動きまわり

 

壁やドアに頭をぶつけ

 

‘’イターイ!イターーイ‘’

 

 

オンパレード

 

また

 

息子と娘の

 

寝床の縄張り争いによる

 

奇声!

 

ある時は

 

息子

 

大量のおねしょで

 

パジャマびちょびちょのまま

 

私の寝床に

 

ムービング・・

 

ある時は

 

睡眠中の娘

 

突然の大爆笑・・・

 

極めつけは

 

クーラーが効きすぎたのが

 

息子

 

くしゃみと同時に

 

特大の‘’寝っ屁‘’

 

その音に

 

びっくした嫁が

 

‘’うあぁー!!!‘’

 

 

寝ぼけて大音量で声をあげ

 

その声に驚き

 

娘が泣くという

 

奇跡のコラボレーション!

 

三位一体の改革

 

この瞬間を

 

誠に勝手ながら

 

トリプルアクセル!』

 

 

名づけます。

 

しかし 

 

寝坊してはいけないと

 

常に気をはってるので

 

小さな物音でも起きてしまう

 

私にとっては

 

深刻な問題であるが

f:id:get0065:20190807203357j:image

かわいいから許そう!

 

嫁以外は・・・

ゴール直前のアクシデント!?

先日の日曜日

 

6才の息子の通っている保育園に

 

派遣されている

 

体操教室主催の

 

体育祭が近くの運動公園の競技場で

 

市内の

 

保育園児が大勢集まり行われた

 

私は

 

仕事の農業が忙しく

 

参加できなかったが

 

嫁と

 

同じ市内に住む

 

2人の子供をもつ私の妹より

 

体育祭の様子や動画が送られてきた

 

息子は仲の良い保育園の友達と参加

 

していた

 

動画で送られてきたのは

 

かけっこ!

 

後で聞いたら

 

予選があり

 

各組1位になった子が

 

最後に決勝戦を行うという仕組みで

 

予選も各保育園から1人ずつ出場し

 

全く知らない園児との勝負であった

 

動画を見ると

 

スタートから息子

 

余裕の

 

断トツの1位

 

動画の中の妹の声も

 

‘’ゆうま(息子)すげぇ!1位だ!・・・え、なんでなんでなんで?‘’

 

なぜ

 

なんでなんでなんで?

 

という声が入っていたかというと・・・

 

断トツの1位で走ってきて

 

ゴールテープ直前で急ブレーキ

 

恐る恐るゴールテープに触れ

 

ゴール・・

 

急ブレーキのせいで

 

あとからきた2人の子と同時にゴール

 

結果はなんとか1位であったが

 

後で息子に

 

なぜ急に止まったか聞くと

 

‘’何も考えず一生懸命走ってたら、急に目の前にテープが張られてたからびっくりして止まったの!父ちゃん危ない時は慎重にゆっくり進めって前に言ってたからさ!‘’

 

これはこれは

 

圧倒的に

 

筋肉よりも

 

瞬発力よりも

 

おつむの能力が足りていない・・・

 

試合にも勝負にも勝っているけど

 

圧倒的に

 

何か大事な物が足りていない

 

まるで

 

ラーメン屋で

 

チャーシュー麺!チャーシュー抜きで!

 

 

元気に注文しているかのような

 

まるで

 

雨が降ってきても

 

傘は使わない!全て雨を避けてやる!

 

 

びちょ濡れになっているかのような

 

まるで

 

咳をして

 

鼻水を垂らして

 

おれは風邪をひいたことが一度もない

 

 

言っているかのような

 

いや

 

ちょっと

 

違うかもしれないけど

 

それにしても

 

そんな

 

大事な部分が欠けていても

 

1位になれるなんて

 

未完の大器

 

勝戦が楽しみである

 

そんな中

 

仲の良い友達の成績は

 

1位と2位と3位と5位

 

予選を通過した子は息子を含め2人

 

予選で負けた子は

 

悔しくて

 

1人は

 

お母さんに泣きながら八つ当たり

 

1人は

 

昼飯も食べず1人になりたいと言い

 

ずっと空を眺め

 

1人は参加した事を後悔しだし

 

各お母さんは

 

機嫌を直すのに大変だったようだ

 

そして

 

9人による決勝戦

 

ついに

 

未完の大器の息子の真の姿が・・・

 

動画を見る限り

 

スタートからゴールするまで

 

圧倒的に

 

気持ちいいのいいくらい

 

9人のファイナリストの中で

 

最後方を

 

一生懸命走っていた

f:id:get0065:20190709211420j:image

ようするに

 

‘’ビリ‘’である

 

でも

 

最後まで一生懸命走っている姿は

 

ゴール前で急ブレーキをかけ1位になった時

 

より

 

美しく

 

感動した

 

しかし

 

圧倒的に

 

ビリに負けたと言う結果に

 

他の子の悔しくて大泣きという

 

前例もあり

 

嫁が心配し

 

かけよると

 

案の定

 

大泣きしているわけが

 

なく

 

満面の笑みで

 

‘’みんな早すぎるわ!ありゃ、勝てないな!‘’

 

と言っていたらしい・・・

 

少しは悔しがってほしいが

 

その日

 

私が帰宅すると

 

走る練習をしたいと

 

1才の娘も連れて

 

散歩がてら練習に

 

見本で

 

私の猛ダッシュを披露

 

‘’父ちゃん、すげぇ!‘’

 

の言葉をいただき

 

テンションが上がり

 

少し長めの距離を走破

 

息も絶え絶えに振り返ると

f:id:get0065:20190709211439j:image

田んぼの中のオタマジャクシに

 

夢中だった・・・

 

色々と親の思いはあるけれど

 

‘’今日1日すごく楽しかった!‘’

 

という言葉が聞けた事が

 

全てである

 

ただ

 

私のサンダルによる

 

ダッシュより

 

オタマジャクシが優先された事は

 

誠に遺憾であり

 

ついでに娘も

 

おしりペンペンの刑に

 

処された。

many manyブロッコリー!

最近の我が家の夕食は

 

ブロッコリーだらけである

 

その原因がこれ

f:id:get0065:20190629203500j:image

本業が農家で

 

主にレタスを出荷しているが

 

自家用で育ててる

 

ブロッコリーが食べ頃に

 

しかし

 

自家用といっても

 

一度に50個以上

 

採れるので

 

誰かにあげるか

 

ひたすら食べるしかない

 

ブロッコリー

 

意外と

 

日持ちが悪く

 

すぐ黄色く変色するし

 

採り遅れると花が咲いてしまう

 

ちなみに

 

画像のカゴに入った

 

ブロッコリーは一部で

 

あと4~5カゴはある

 

せっかくなので

 

今年より

 

交流が始まった

 

保育園で

 

息子の仲の良い友達のお母さんに

 

あげる事に

 

特大のブロッコリー

 

20個くらい用意して

 

保育園の送迎の帰りに

 

友達のおうちまで行き

 

お渡しすると

 

‘’嘘でしょ!?すごいうれしい!・・・けどこんなに!?‘’

 

確かに

 

一般家庭でブロッコリー20個は

 

多いか!

 

一種の

 

ラソンで言うとこの

 

ランナーズハイみたいな感じの

 

農家で言うとこの

 

ファーマーズハイみたいな感じで

 

大量のブロッコリー

 

渡してしまったのか・・・・・私は・・

 

いや

 

ちょっと何を言ってるかわからない

 

けど

 

でも

 

他の保育園のママ友にもあげるから

 

 

喜んでもらえた

 

すると

 

外で友達と遊んでいた息子が

 

‘’おしっこしたい‘’

 

と来たので

 

友達のお母さんがトイレを貸してくれ

 

用を足し

 

おうちから出てきたが

 

保育園の帰りだったので

 

シャツに安全ピンで名札を付けていたのに

 

なぜかはずして出てきたので

 

友達のお母さんに

 

‘’トイレからでてきたらはずしてましたけど何か意味あるんですか?‘’

 

 

聞いてきたけど

 

私も全く意味わからない行動だったので

 

息子に

 

‘’なんで名札はずしたの?‘’

 

と聞いたら

 

‘’友達のおうちのトイレでおしっこする時に落としたら申し訳ないと思ってさ‘’

 

と・・・

 

まあ、

 

子供なりに気を使った点は

 

良い事だが

 

勝負に勝って試合に負けた

 

みたいな感じではあった

 

それにしても

 

最近の我が家の夕食はブロッコリーだらけ

 

中でもおすすめは

f:id:get0065:20190629212215j:image

ブロッコリーの天ぷら

 

息子が大好きですぐなくなってしまう

 

他にも

f:id:get0065:20190629212335j:image

スープや塩ゆで

 

1才の娘もよく食べるが

f:id:get0065:20190629212634j:image

必ず

f:id:get0065:20190629212717j:image

茎は残す・・・

 

こんな感じで

 

毎日

 

ブロッコリーを消費しているが

 

大量のブロッコリーをもらい

 

困っている方や

 

まだ試した事がない方は

 

ブロッコリーの天ぷら

 

一度やってみて下さい!

レタスを生で食べる時代は終わった!?

6月もそろそろ終わりに近づいてきたが

 

私の仕事

 

農業(レタス)も繁忙期になり

 

朝3時起き

 

休みなしの過酷な毎日である

 

突然

 

過酷さの説明を

 

私の体重ですると

 

農業が終わる11月頃に太り始め

 

冬を越し農業が始まる4月には

 

体重80キロ

 

それが現在65キロ・・・

 

いや

 

自分で書いていて思ったが

 

過酷で痩せるより

 

なぜ

 

そこまで太るかを考えさせられた・・

 

話しを戻そう。

 

以前

 

少々ブログに

 

農作業風景をのせたが

 

レタスができるまでを解説してみよう!

 

まずは

 

畑に肥料を撒く

 

そして耕す

f:id:get0065:20190623180148j:image

耕す時はトラクターとよばれる機械の後ろに

 

ロータリーという

 

たくさん専用の刃がついた機械をとりつけ

 

土の中に降ろしたら高速に回転させると

 

土を細かく耕してくれる

 

そしてマルチャーと呼ばれる

 

専用の機械でマルチとよばれるビニール

 

みたいなシートを

 

うねを作りながら張っていく

f:id:get0065:20190623181017j:image

そこへ

 

ビニールハウスで種から育てた苗を

f:id:get0065:20190623181658j:image

f:id:get0065:20190623182456j:image

畑に張ったマルチに

 

植える

f:id:get0065:20190623182734j:image

そして

 

出荷になるまで

 

草をとったり

 

農薬で害虫駆除や病気を予防したり

 

生育が悪ければ

 

追加で肥料をあげたりしながら

 

この時期なら植えてから

 

約1ヶ月半

 

出荷となる

f:id:get0065:20190623183107j:image

切って並べたレタスを

 

サイズ別に専用の段ボールに詰める

 

私の家では多い日だと

 

700ケース出荷する

 

1ケースだいたい16個入りなので

 

1万個以上のレタスを世に送りだしてる

 

しかし

 

自然が相手という事もあり

 

時にはこういう事も・・

f:id:get0065:20190623183705j:image

これは

 

数年前に雹が降り

 

出荷直前のレタスがぼろぼろになった画像

 

昨年は

 

野生のシカやカモシカに畑を荒らされ

 

数千個のレタスを食われたり

 

色々アクシデントは付き物である

 

ちなみに1ケースの値段は

 

需要と供給のバランスによって変動し

 

だいたい平均すると

 

1ケース1500円前後だが

 

私が農業を継いで10年の間の

 

1ケースの最高の値段は約7千円!

 

最低の値段は約200円・・

 

700ケース出荷したと考えると

 

約500万と約14万

 

さらに値段が安い時は

 

レタスがあまりすぎていると

 

いう事なので

 

苦労して作った

 

綺麗なレタスを何千個も廃棄する

 

つまり

 

畑にただすてるのである

 

ちなみに

 

来月あたり

 

廃棄になる可能性を秘めている・・・

 

廃棄ほど切ない作業はない

 

色々苦労はあるが

 

以前

 

ブログに書いたが

www.get0065.work

出荷時の規格外のレタスの

 

大量持ち帰りによる夫婦喧嘩

 

これが証拠の写真

f:id:get0065:20190623190042j:image

これが毎日来たら

 

確かにねぇ・・・

 

なので

 

世間的に

 

新作なのかわからないけど

 

レタス料理に挑戦!

 

名付けて

 

レタス鍋

f:id:get0065:20190623190511j:image

名付ける程の物でもなかったが

 

意外とうまくて

 

レタス鍋を食べた嫁からも

 

‘’レタスを生で食べる時代は終わったな‘’

 

 

生のレタスサラダも食べながら

 

意味不明な賛辞をいただき

 

子ども達もレタス鍋を完食

 

ぜひ

 

レタスが余りすぎて困ってたり

 

寒い時には

 

レタス鍋を!

 

‘’レタスを生で食べる時代は終わった‘’

 

らしいよ。。。

お前はいい女になるぞ!

5月に

 

6才になった息子

 

名前は‘’ゆうま‘’

その妹

 

1才4ヶ月の‘’はる‘’

f:id:get0065:20190618140905j:image

5才差ということで

 

たまに見ているテレビを消されたり

 

ご飯をとられたりして

 

瞬間的に怒るが

 

基本は兄が妹をかわいがり

 

ケンカなどしない

 

仲良のよい2人である

 

先日の夜

 

私が娘と遊びながら洗濯を

 

干していたら

 

嫁と風呂に入っていた息子が

 

先に1人で

 

でてきた

 

教えたわけではないが

 

裸の兄、ゆうまをみて

 

妹のはるが

 

‘’う~~~ま‘’

 

と名前を呼びながら

 

ソファーの上に用意されていた

 

服を

 

パンツ、下着、ズボン、上着

 

兄のゆうまに渡している

 

となりの部屋からその様子を見ていた

 

私は

 

娘の行動に驚きつつも

 

ほほえましく

 

そして

 

服をとってもらった

 

兄のゆうまは

 

ちゃんとお礼を言えるのか

 

こっそり見ていたら

 

服を1つ渡される度に

 

‘’はるちゃん、こんな小さい時からお手伝いできるなんて大きくなったら、お前はいい女になるぞ!‘’

 

と・・・

 

お前いい女になるぞ!

 

と言われる度に

 

娘のはるは

 

笑顔で

 

右手を上げ

 

‘’あ~~~い‘’

 

 

返事をしている

 

服を渡す行動から

 

息子の発言

 

突っ込むところ満載の場面であったが

 

兄と妹

 

水入らず

 

邪魔せず

 

嫁の機嫌を察して

 

私は

 

黙々と洗濯物を干していた

 

ちなみに

 

娘の‘’はる‘’という名前は

 

当時4才の息子に

 

お腹の中に赤ちゃんが

 

いる事を初めて伝えた時から

 

お腹にむかって

 

なぜか

 

‘’はるちゃんこんにちわ‘’

 

と呼び出したから

 

‘’はる‘’

 

と名付けた

 

しかも

 

‘’女の子だから妹か!‘’

 

とまで言っていて

 

たまたまかもしれないが

 

その通りであった

 

仲の良い2人だが

 

ゆうまも

 

こっそり

 

風呂あがりに

 

デザートの

 

納豆だ


f:id:get0065:20190618150834j:image

なんて言ってないで

 

お前もいい男になってくれ!

だから言ったのに・・・

4月の中旬

 

年長になった息子の保育園の

 

仲の良い友達のお母さんが

 

お花見を計画してくれて

 

4家族で

 

桜満開の公園でお花見をする事に

 

それぞれ連絡は

 

お母さん同士でしていたので

 

嫁に任せていた

 

今まで

 

保育園以外での交流がなく

 

初めてプライベートでの関わりであった

 

私は

 

詳細はよくわからなかったが

 

昼前に集まり

 

昼食を一緒に食べながらという事なので

 

皆で食べられる

 

唐揚げとか飲み物を用意しようとするが

 

そこで

 

嫁が

 

‘’そういうのじゃないから!各自それぞれお昼持ってきて食べるだけだから!‘’

 

と・・・

 

‘’いや、絶対みんなオードブルとか持ってくるって、中にはお酒も用意してくる人もいるかもよ!‘’

 

とアドバイスするが

 

固くなに

 

‘’だから、そういうのじゃないから、やめて!それぞれで食べる分用意するってなってるから‘’

 

 

‘’じゃあ、焼きたて屋の「たいたこ」とかは?‘’

 

と提案するが

 

しつこい的な感じに

 

‘’だから、いらないって‘’

 

とキレ気味

 

ちなみに

 

焼きたて屋は長野県中心に

 

チェーン展開している屋台

 

「たいたこ」は

 

たい焼きの中身がタコ焼きという


f:id:get0065:20190613223238j:image

斬新な発想の商品(うまい!)

 

そんなやり取りを嫁と何度も繰り返し

 

結局

 

何も持たず11時すぎ公園へ

 

一番のりで場所を取り


f:id:get0065:20190613223947j:image

娘と息子は腹が減ったと

 

おにぎりをたべていると

 

すぐにみんなも到着

 

シートやテントを設置し

 

昼食・・・

 

そして私の予想通り

 

ある家族は

 

特大の焼きそばと大盛りの唐揚げを

 

ある家族は

 

行列ができるパン屋の人気のパンとビールを

 

もう1つの家族は

 

嫁と同じで

 

‘’そういう感じじゃないと思って何も用意してこなかった‘’

 

と言いながら

 

大量の飲み物とイチゴなどたくさんのフルーツ

 

・・・

 

小さい声で

 

嫁に

 

‘’だから言ったじゃん‘’

 

と言うが

 

青ざめながら

 

みんなに

 

‘’本当に何もなくて‘’

 

と謝っている

 

しかし

 

みんな良い人なので

 

気にしないで食べてと言ってくれるが

 

広場でみんなの子供を連れて遊んでいると

 

‘’なんか気まずくて向こうにいられない・・‘’

 

 

嫁が歩いてきたので

 

‘’だからあれほど言ったじゃん!‘’

 

 

私の意見を全く聞かなかった怒りをこめ

 

言い放つが

 

ひどく落ち込みだしたので

 

断腸の思いで

 

フォローした。

 

そんなやり取りをして

 

みんなのいる場所に戻ると・・・

 

先に一人で戻った息子が

 

友達のお母さん方から心配されながら

 

笑われてる・・・

 

小川を飛び越えようとしたら失敗し

 

パンツまで濡れたから

 

全裸になり

 

大事な部分を

 

その辺の葉っぱを何枚か乗せて隠している

 

‘’何やってんだよ‘’

 

と言ったら

 

‘’着替えがどこにあるかわからなかったから一緒に観たサバイバルのやつを思い出してさ‘’

 

 

その頃よく一緒に

 

YouTube

 

森の中や無人島で

 

全裸で何も持たず

 

サバイバルする動画を観ていたからだ

 

確かに

 

ヤシの木の葉などで

 

大事な部分を隠していたか・・・

 

友達のお母さんに事情を丁寧に説明し

 

葉っぱをとり

 

着替えさせた

 

そんな中

 

1才になったばかりの娘は

 

ずっと

 

特大のからあげを

 

青虫が葉っぱを少しずつ食べるように

 

むしろ

 

その辺にいる青虫より

 

青虫らしく

 

一心不乱に

 

目の前の獲物と対峙していた

 

その後

 

15時頃に解散となった

 

その日

 

アパートでは

 

嫁は落ち込み

 

私はダメな人間だと

 

へこんでいたが

 

逆に

 

息子は

 

全裸になって

 

葉っぱをのせただけなのに

 

おれもサバイバル成功したぜ!

 

と自信がついたようだ

 

1才の青虫は

 

青虫らしく

 

ひたすら

 

‘’まんま!まんま!‘’

 

 

まんまを要求していた

 

落ち込む嫁

 

よくわからない自信を手に入れた息子

 

無邪気な青虫

 

色々あった1日だったが

 

失敗も成功も

 

全部

 

良い経験

 

特に失敗や辛い出来事は

 

自分が成長できるチャンス

 

辛い時は

 

 

自分がレべルアップしている

 

と思いましょう!